脚本家篠原明夫が教える小論文講座

よく、理数系は答えが1つだけど、国語は正解が数多いから難しいという人がいます。

しかし、それは間違いです。

現代国語の「作者は何が言いたいですか?」という質問の答えは、筆者を想像して導き出すことはできません。

筆者が言いたいことが正解ではないからです。

もし、これが本当に筆者の考えを求めているのでしたら、作者が突拍子もないことを考えている時点で、正解者は出なくなります。

次に受験者の考えを聞いているわけではありません。もしそうだとしたら、不正解が存在しません。

ここが現代国語の面白くて奥深いところです。そして正解は概ね1つなのです。

理数系の問題と一緒なのです。公式に乗せると、答えは1つなのです。

小論文に、あなたの主張を書いてはいけません。説明だけを書いてもいけません。

では何を書くか?それが小論文の正解を浮き彫りにします。

篠原先生
小論文が書ければ、受験もOK。プレゼンもOK。コミュニケーション能力もUPします。

【詳細】小論文講座

構成

座学・実習(執筆)

時間

◉3時間程度(余裕をもってご参加下さい) 

スケジュール

  • 小論文で書いてはいけないこと
  • 小論文とは問題解決
  • 課題文の読み方
  • 伝わり易い構成
  • 原稿用紙を正しく使う
  • 小論文の言葉遣い
  • 問題解決の順序
  • 書いてみよう

受講対象

  • 小論文に困っている受験生
  • プレゼンが通らずに心細いビジネスマン
  • 普段「何言ってるか分からない」と言われている人

なども参加されています。

効果

  • 小論文が恐くなくなる
  • 文章を書くことが楽しくなる
  • 伝わる実感が得られる

受講料

¥5,000(税込)

受講予約・問い合わせ