需要の多い読書感想文書き方講座

『スキルシェア2018』において、ストアカの子育て・キッズ部門カテゴリ別優秀講座賞を受賞している、『脚本家篠原明夫が教える読書感想文書き方講座』の指導者を育成します。

篠原先生
夏休みに100万円稼げる指導者を養成します!

指導者募集は人数限定

最初は同地区内でライバルを生まないために、
1つの県内で、講師は3名までと考えています。

初期投資を1週間で回収

僕の4年間の集大成で、リピーターが最長9年続き、口コミで広がりやすい講座です。

1日2回の開講で1週間で初期投資の回収が可能なシステムです。

初期投資回収目標値

児童75人(最初は1回5名が推奨ですので、5人×15回)
以降は皆さんの収益になります。

篠原明夫の講座の多くはコミュニケーションと目標達成

人生に必要なスキル

心理学者であるアルフレート・アードラーは「人が抱える悩みは、全て対人関係である」と言っています。

そして僕は、対人関係には”勇気”が必要で、その勇気の根源は”夢”だと思っています。

だから、コミュニケーションと目標達成が出来れば、人生は豊かになるし、どんなピンチもチャンスに変わるのだと思っています。

僕の人生を助けてくれたスキル

そして、僕の人生も、このスキルなくしてドラマティックにはなっていなかったですし、人生の主役を生きることもできていなかったでしょう。

僕の脚本家という仕事も、演出家という仕事も、講師の仕事も、この勇気と夢の力で殆どの仕事をやり抜ける。

だからこそ、僕はこの2つの力(勇気と夢)を磨いているのです。

そして、それを踏まえて『読書感想文書き方講座』指導者養成講座を紹介させてください。

『読書感想文書き方講座』指導者養成講座

読書感想文書き方講座の成り立ち

最初の開催

2015年の夏休み。

職業訓練校でビジネスマナーとコミュニケーションを担当していた時の生徒から連絡が入りました。

画像名
元生徒

先生、読書感想文の書き方は教えられますか?

開催の経緯

その前年、別の作家先生に『読書感想文の書き方講座』をお願いしたらしいのですが、完成度に不服があって「教えるのが下手!」って思って、「教え上手な篠原先生も作家って言っていた!」と、僕の事を思い出してくださいました。

と言う事で、
脚本家篠原明夫が教える読書感想文書き方講座
がスタートしました。

期待されていることが分かっていたので、ちゃんと説明出来る様にメソッド化しました。

そして、独自に20人ほど集めて、その初めての夏を終えました。

受講者が倍増

その後、ストリートアカデミーというスキルシェアのサイトへの登録を経て、翌年の2016年には前年の倍以上の受講生が集まりました。

2017年は「この人数ならこの日程で十分だろう」と、他の仕事を入れました。そしたら…

受講希望のキャンセル待ちが続出!

そこで衝撃的な一言を頂きました。

画像名
元生徒

読書感想文の書き方を教えたくても教えられないんです!

この講座って凄かったんだ!

受講生は僕が思っていた以上に喜んでくださっていて、だけど僕は過小評価していて、チャンスを潰していたんですね。

そして昨年、2018年は夏休みの40日間、毎日開講しました(もう僕には夏休み、無くなりました)。受講者は友だちと一緒に来てくださいました。

2018年の受講者数は315名

こんな記事にもなりました。

ママも子どももみんなハッピー!1日で完成する読書感想文の書き方講座

スキルの蓄積で進化を果たす

年を経る毎に、僕の経験値も高まり、どんな手強い子も、必ず書き終わらせられるようになりました。

更に、子供からの質問にはどんな対応をしたかをメモり始め、親御さんからの質問とその回答も記録をし、自分が何をしているのかを記録してみました。そうして僕の感想文メソッドに更に磨きがかかりました。

このメソッドに従って指導すれば、読書感想文を絶対に書き上げられる!という講座に成長しました。

話題が話題を呼んで、受講者がレギュラー化し、それまで呼んでいただいていた、九州講座、秋田講座はできなくなりました。

受講者は勿論、都内の方が殆どですが、埼玉、千葉、神奈川は勿論、静岡、群馬からもお越しくださいます。

篠原先生
需要が多い過ぎて東京講座のみとなってしまいました。有り難いです。

子どもの為に出来ること

この講座、実は僕、殆ど何もしないんです。そこが秘訣でもあるんですが、驚く程、僕は何もしないんです。

子供に読書感想文を書かせる時のコツ

  • 本は子供と一緒に選んで、決して親御さん主導で選択しない。
  • 親御さんは、その本を決して読まない。
  • 親御さんは、書いている最中、横に座らない。
  • 親御さんは、出来上がった感想文を直さない。

これをしない僕の講座では、確かにつたない文章ですが、子供の本心が見えて、とても素敵な感想文が書き上がります。

世の感想文講座の酷さ

ある一人の受講生の親御さんが、とても感激してくださって、とても素敵な言葉を頂きました。

親御さん
親御さん
実は毎年、あちこちの講座を放浪していたんです。でも来年からは篠原先生の講座以外、考えられません。
篠原先生
いろいろ参加された中で、僕の講座が一番だと言われて、本当に嬉しかったです。

悲しい講座

そして、去年のテキストを見せてくださいました。

驚きました。
こんな講座があるなんて!

読む本は指定され、
あらすじは既に講師が執筆済。
穴埋め的に感想を書かせるだけ。
そして驚くほど赤入れ(修正)して書かせる。

もう講師の感想文でした。
その子、賞状を貰ったそうです。

子どもの素直な気持ち

生徒
生徒
賞状、貰っても全然嬉しくなかったです。それよりも、今日、自分の力で書き上げられたことが嬉しいです。
篠原先生
もうね、涙が出そうでした。

この感動を全国に広めたい!

子ども達に、自分の力で読書感想文を書き上げさせたい。親御さんを夏休みの苦しみから解放したい。

指導者育成の大切さ

単に宿題を終わらせる講座じゃない

そんな思いで、この『読書感想文指導者養成講座』を作り上げました。

子ども達は本当に苦しんでいます。
親御さんは本当に困っています。

夏休み前から集客を実施し、夏休み初頭で、実践的に指導方法を学び、夏休み中盤から稼ぎまくる」という講座です。

これこそ、子どもとのコミュニケーションの集大成であり、今日中に完成を済ませるという目標設定。

……強引でしょうか?

本当は、目標設定のスキルの中にある、細分化のスキルが使われているのです。この講座は、同時に育児の本質も学べるかも知れません。

『読書感想文書き方講座』指導者養成講座

ブログ記事一覧講演を依頼する